インド

海外のミュージアム

ラビンドラ・バーラティー博物館(タゴール・ハウス) - 詩聖・タゴールの生家にある個人記念館

コルカタにあるラビンドラ・バーラティー博物館は、アジアで初めてノーベル賞を受賞した詩人で思想家のタゴールの生家にある個人記念館です。タゴール・ハウスの通称でも知られています。博物館の概要、アクセス・行き方、入館料、展示、感想などを紹介します。
海外のミュージアム

インド博物館 - コルカタにある200年以上の歴史を持つインド最古にして最大級の総合博物館

コルカタにあるインド博物館は1814年に設立された総合博物館で、インド最古にして最大の博物館といわれています。コルカタ観光では見逃せないおススメスポット。博物館の概要、歴史、アクセス・行き方、入館料、展示、見どころ、感想などを紹介します。
海外のミュージアム

ヴィクトリア記念堂 - コルカタにあるイギリス植民地時代の白亜の美しい博物館

コルカタにあるヴィクトリア記念堂は、ヴィクトリア女王を記念して1921年に開館した白亜の外観が美しい博物館。歴史系の絵画などが充実していて、コルカタ観光では見逃せないおススメスポット。博物館の概要、歴史、アクセス・行き方、入館料、展示、見どころ、感想などを紹介します。
世界遺産

【世界遺産候補?】ワラナシ(バラナシ) - 信者も旅人も巡礼するインド最大の聖地

ワラナシは世界遺産にはまだ登録されていません。ぜひ世界遺産になってほしいという願いを込めて、ヒンドゥー教などの聖地であるワラナシの概要、見どころ、アクセスなどを紹介します。
海外のミュージアム

マーン・マハル - ジャンタル・マンタルや資料館もあるかつての小さな宮殿

マーン・マハルには、ジャイプール藩王国のカチワーハー家の宮殿(離宮)で、5つのジャンタル・マンタルのうちの一つが屋上にあります。内部は小さな資料館にもなっています。マーン・マハルの概要、歴史、アクセス・行き方、入館料、展示、見どころ、感想などを紹介します。
海外のミュージアム

【カジュラーホ考古学博物館】と【民俗博物館】 - カジュラーホにある小さな2つの博物館

小さな村にある小さな博物館。小さな村のカジュラーホには3つの博物館があり、このうち休館だったジャイナ教に関する博物館を除き、カジュラーホ考古学博物館と民俗博物館を訪れました。両方とも小さな博物館でした。
世界遺産

カジュラーホの建造物群 - 官能的なミトゥナ像に装飾された世界遺産の寺院群

「カジュラーホの建造物群」は、1986年に登録された世界遺産(文化遺産)で、官能的なミトゥナ像(男女交合像)が寺院を装飾していることで有名です。インド観光でおススメの観光スポットの一つ。カジュラーホ寺院群の概要、アクセス・行き方、入場料、感想などを紹介します。
世界遺産

タージ・マハル - 美しすぎる霊廟。インドといえばの世界遺産

タージ・マハルは、1983年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ムガル帝国のシャー・ジャハーン帝が愛妃のために建設した霊廟です。タージ・マハルはインドの観光で見逃せないおススメの観光スポット。タージ・マハルの概要、アクセス・行き方、入場料、感想などを紹介します。
世界遺産

アーグラ城壁 - タージ・マハルも望める世界遺産の赤い城

「アーグラ城壁」は、1983年に登録された世界遺産(文化遺産)で、赤砂岩と白大理石の美しい城壁です。アーグラ観光では、タージ・マハルとともに見逃せないおススメスポット。アーグラ城壁の概要、アクセス・行き方、入場料、感想などを紹介します。
世界遺産

ジャイプールにあるジャンタール・マンタール - 現代美術のような天体観測儀が並ぶ18世紀の天文観測所

「ジャイプールにあるジャンタール・マンタール」は2010年に登録された世界遺産(文化遺産)で、石造りの大型天体観測儀が並ぶ様子はまるで現代美術の作品のよう。ジャイプール観光では見逃せないおススメスポット。ジャンタル・マンタルの概要、アクセス・行き方、入場料、感想などを紹介します。
<広告>