アイルランド

海外のミュージアム

ナショナル・ワックス・ミュージアム・プラス - アイルランドの蝋人形館

ナショナル・ワックス・ミュージアム・プラスは、アイルランドゆかりの人物や歴史、古今東西の有名人などが紹介されている蝋人形館です。科学館的な展示やお化け屋敷的なコーナーもあり、いろいろな楽しみ方ができます。この館の概要、展示、アクセス、感想などを紹介します。
海外のミュージアム

リトル・ミュージアム・オブ・ダブリン - “ダブリン愛”にあふれる郷土資料館

リトル・ミュージアム・オブ・ダブリンは、“ダブリン愛”がいっぱい詰まったコンパクトながらも充実したミュージアム(郷土資料館)です。ここはダブリンの人気観光スポットになっています。ガこの資料館の概要、展示、アクセス、感想などを紹介します。
海外のミュージアム

ジェムソン蒸留所(ジェイムソン蒸留所) - アイリッシュ・ウイスキーの見学・体験施設

ジェムソン蒸留所は、1780年に生産を開始したアイリッシュ・ウイスキーの蒸留所で、現在は、「ジェムソン(ジェイムソン)」の生産などに関する見学・体験施設になっていて、ユニークな試飲体験などができます。ダブリン観光でおススメ観光スポットの一つです。
海外のミュージアム

ギネス・ストアハウス - 創業地の工場に隣接するギネス・ビールの記念館

ギネス・ストアハウスは、ギネス・ビールのミニ・テーマパーク的な企業資料館、ミュージアムです。ダブリンを訪れる多くの観光客が訪れるギネス・ストアハウスの概要、歴史、アクセス、感想などを紹介します。ダブリン観光でおススメ観光スポットの一つです。
海外のミュージアム

アイルランド現代美術館 - もと病院を利用した現代美術館

アイルランド現代美術館は、キルメイナム王立病院だった建物をリノベーションした美術館です。3,000作品以上を所蔵。年間60万人近くが訪れています。美術館の概要、歴史、アクセス、感想などを紹介します。ダブリン観光で訪れたい場所の一つです。
海外のミュージアム

キルメイナム刑務所 -アイルランドの歴史の証人

キルメイナム刑務所は、1796年から1924年まで刑務所・収容所・処刑場などとして使われてきた、アイルランドの歴史の証人です。キルメイナム刑務所の概要、歴史、アクセス、感想などを紹介します。ダブリン観光ではぜひ訪れたい場所の一つです。
海外のミュージアム

エピック・アイルランド移民博物館 - アイルランドの移民史と歴史・文化がわかるデジタル・ミュージアム

エピック移民博物館(エピック・アイルランド移民資料館)は、1000万人もの移民を出したアイルランドの移民史と歴史・文化がわかるデジタル・ミュージアム1です。エピック移民博物館の概要、歴史、アクセス、展示、感想などを紹介します。ダブリン観光にもおススメです。
海外のミュージアム

ダブリン城 - かつてイギリス総督府が置かれた、アイルランドの歴史の証人

ダブリン城は、1204年から1922年までの700年以上、イギリスのアイルランド支配の拠点だった要塞・城です。ダブリン城の概要、歴史、アクセス、展示、感想などを紹介します。ダブリン観光にもおススメです。
海外のミュージアム

アイルランド国立博物館:考古学館 - コンパクトにアイルランドの考古・歴史がわかる

アイルランド国立博物館:考古学館は、アイルランドの考古学、歴史に関するミュージアムです。アイルランド国立博物館(考古学)の概要、歴史、アクセス、展示、感想などを紹介します。ダブリン観光にもおススメです。
海外のミュージアム

アイルランド国立美術館 - 地域に溶け込んだ、気持ちの良い美術館

アイルランド国立美術館は、14世紀から今日に至るまで西欧の美術作品16,300点以上をコレクション。アイルランド人作家の作品に加え、レンブラントやカラヴァッジオ、モネ、ピカソなどの有名な作家の作品も所蔵してます。アイルランド国立美術館の概要、歴史、アクセス、展示、感想などを紹介します。ダブリン観光にもおススメです。
<広告>