世界遺産

世界遺産

マカオ歴史地区 - 東西文化の融合を見ることができる歴史的な建造物群

「マカオ歴史地区」は2005年に登録された世界遺産(文化遺産)。16世紀半ばから1999年までポルトガルの支配下にあったマカオには、中国とポルトガルの文化が融合した歴史的な建造物や広場などがあります。マカオ歴史地区の概要、歴史、見どころ、行き方・アクセス、感想などを紹介します。
世界遺産

【世界遺産候補?】ワラナシ(バラナシ) - 信者も旅人も巡礼するインド最大の聖地

ワラナシは世界遺産にはまだ登録されていません。ぜひ世界遺産になってほしいという願いを込めて、ヒンドゥー教などの聖地であるワラナシの概要、見どころ、アクセスなどを紹介します。
世界遺産

カジュラーホの建造物群 - 官能的なミトゥナ像に装飾された世界遺産の寺院群

「カジュラーホの建造物群」は、1986年に登録された世界遺産(文化遺産)で、官能的なミトゥナ像(男女交合像)が寺院を装飾していることで有名です。インド観光でおススメの観光スポットの一つ。カジュラーホ寺院群の概要、アクセス・行き方、入場料、感想などを紹介します。
世界遺産

タージ・マハル - 美しすぎる霊廟。インドといえばの世界遺産

タージ・マハルは、1983年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ムガル帝国のシャー・ジャハーン帝が愛妃のために建設した霊廟です。タージ・マハルはインドの観光で見逃せないおススメの観光スポット。タージ・マハルの概要、アクセス・行き方、入場料、感想などを紹介します。
世界遺産

アーグラ城壁 - タージ・マハルも望める世界遺産の赤い城

「アーグラ城壁」は、1983年に登録された世界遺産(文化遺産)で、赤砂岩と白大理石の美しい城壁です。アーグラ観光では、タージ・マハルとともに見逃せないおススメスポット。アーグラ城壁の概要、アクセス・行き方、入場料、感想などを紹介します。
世界遺産

ジャイプールにあるジャンタール・マンタール - 現代美術のような天体観測儀が並ぶ18世紀の天文観測所

「ジャイプールにあるジャンタール・マンタール」は2010年に登録された世界遺産(文化遺産)で、石造りの大型天体観測儀が並ぶ様子はまるで現代美術の作品のよう。ジャイプール観光では見逃せないおススメスポット。ジャンタル・マンタルの概要、アクセス・行き方、入場料、感想などを紹介します。
世界遺産

エレファンタ石窟群 – エレファンタ島にある世界遺産のヒンドゥー教の石窟寺院

「エレファンタ石窟群」は1987年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ムンバイから9~10km東のムンバイ湾に浮かぶエレファンタ島(ガーラープリー島)にあるヒンドゥー教の石窟寺院です。「エレファンタ石窟群」の概要、行き方・アクセス、感想などを紹介します。
世界遺産

ムンバイのヴィクトリア朝とアール・デコの遺産群 – インドの伝統も加味された19世紀と20世紀の建築様式が見られる世界遺産

2018年に登録されたばかりの「ムンバイのヴィクトリア朝とアール・デコの遺産群」。インドがイギリスの植民地だった時代の19世紀と20世紀の建物が世界遺産(文化遺産)に登録されています。概要や構成している建物、立地、感想などを紹介します。
世界遺産

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧ヴィクトリア・ターミナス駅) – 美しく活気があるインドの世界遺産の駅舎

かつてはヴィクトリア・ターミナス駅と呼ばれたチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅は、古くから発展してきたフォート地区にあり、2004年に登録された世界遺産(文化遺産)です。現在も現役の駅でインド最大の乗降客数を誇ります。概要や歴史、立地、感想などを紹介します。
世界遺産

古代都市テーベとその墓地遺跡 – ルクソールにある古代エジプトの見どころいっぱいの世界遺産

「古代都市テーベとその墓地遺跡」は、1979年に登録されたエジプトのルクソールにある世界遺産(文化遺産)で、ルクソール神殿やカルナック神殿、ツタンカーメンの墓が発見された王家の谷などがあります。おススメです。「古代都市テーベとその墓地遺跡」の概要、歴史、見どころ、行き方・アクセス、感想などを紹介します。
<広告>