フランス

海外のミュージアム

コンフリュアンス博物館 - ユニークで独創的で不思議な「人間」に関する総合博物館

コンフリュアンス博物館は、科学、自然、人類学、社会学などの総合博物館。その建築が特徴的で目をひきます。リヨン観光でぜひ訪れたい博物館の一つです。この博物館の概要、歴史、アクセス・行き方、入館料、展示、感想などを紹介します。
海外のミュージアム

リュミエール博物館 - 映画の発明者・リュミエール兄弟の記念館

映画の父・リュミエール兄弟の個人記念館。場所はリュミエール家の工場や豪華な住宅があった場所。世界初の映画もここで撮影され、まさに映画の発祥地にある博物館。リヨン観光でぜひ訪れたい博物館の一つ。この博物館の概要、歴史、アクセス・行き方、入館料、展示、感想などを紹介します。
海外のミュージアム

ミニチュアと映画の博物館 - 超精巧なミニチュアが感動的な映画発祥地・リヨンにある博物館

「ミニチュアと映画の博物館」は、世界遺産「リヨン歴史地区」の旧市街にある、その名の通り「ミニチュア」と「映画」をテーマにした博物館。リヨン観光で訪れても楽しい博物館でしょう。この博物館の概要、歴史、アクセス・行き方、入館料、展示、感想などを紹介します。
海外のミュージアム

リヨン美術館 - 西洋美術史が概観できる地域の美術館

リヨン美術館は、古代エジプトから今日までのヨーロッパの絵画や彫刻、工芸などの作品をコレクションしていて、リヨンで訪れたいミュージアムの一つです。リヨン美術館の概要、歴史、アクセス・行き方、入館料、展示、感想などを紹介します。
世界遺産

リヨン歴史地区 - 古代ローマ時代からの歴史が残る歴史と文化の交差点

「リヨン歴史地区」は、1998年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ローマ時代からの古い歴史を持つフランスのリヨンにあります。美食の街、絹織物の街としても有名なリヨンは観光にもおススメです。リヨン歴史地区の概要、歴史、見どころ、感想などを紹介します。
世界遺産

モン-サン-ミッシェルとその湾 - なかなか見られない海に浮かぶ絶景の「西洋の驚異」

「モン-サン-ミッシェルとその湾」は、1979年に登録された世界遺産(文化遺産)で、海に浮かぶ修道院の絶景がとても有名で「西洋の驚異」ともいわれます。モン-サン-ミッシェルの歴史、概要、見どころ、アクセス・行き方、感想などを紹介します。
海外のミュージアム

ルーブル美術館-人類の至宝を見られる入館者数世界一の美術館!

ルーブル美術館はいまさら説明の必要もないほどの超有名な美術館。まさに「美術館の中の美術館」で、パリに行ったらぜひ訪れたい美術館です。ルーブル美術館の概要、歴史、アクセス・行き方、入館料、展示、見どころ、感想、最新情報などを紹介します。
海外のミュージアム

ポンピドゥー・センター - 近現代美術などの複合的な芸術・文化の拠点!

ポンピドゥー・センターはパリの美術館巡りでぜひ訪れたい美術館の一つ。近現代芸術の巨匠の作品をはじめ刺激的な作品の数々に出会えます。建物を見るだけでも一見の価値あり!ポンピドゥー・センターの概要、歴史、アクセス・行き方、入館料、展示、見どころ、感想、最新情報などを紹介します。
海外のミュージアム

シテ島地下遺跡 - ノートルダム大聖堂前の地下に眠る古代から近代までの遺構

シテ島地下遺跡は、ノートルダム大聖堂前広場の地下にあり、パリの古代から近代までの歴史を体感できる遺構や遺物を見学することができます。シテ島地下遺跡の概要、アクセス・行き方、入館料、展示、見どころ、感想などを紹介します。
海外のミュージアム

ピカソ美術館 - さまざまなピカソに出会えるパリにある美術館

ピカソ美術館は、17世紀の豪邸ホテル・サレを改装・改築してつくられ、ピカソの各時代の絵画、彫刻、版画、スケッチなど多数の作品に出会うことができる美術館です。パリ観光でおススメの美術館の一つです。ピカソ美術館の概要、歴史、アクセス・行き方、入館料、展示、見どころ、感想、最新情報などを紹介します。
<広告>