リバプール

海外のミュージアム

ウォーカー美術館 - 13世紀から今日までの美術コレクションが充実している「北のナショナル・ギャラリー」

ウォーカー美術館(The Walker Art Gallery)は13世紀から今日までの絵画、彫刻、工芸・デザインが充実している「北のナショナル・ギャラリー 」と呼ばれている美術館で、リバプールの観光スポットの一つです。ウォーカー美術館の概要、歴史、立地、行き方、入館料、展示、見どころ、感想、最新情報などを紹介します。
海外のミュージアム

ワールド・ミュージアム - 世界がぎゅっと凝縮されている国立の自然史系総合博物館

ワールド・ミュージアムは、ワールド・ミュージアムは、考古学や文化人類学・民族学などまで含んだ自然史系の総合博物館で、プラネタリウムや水族館などもあります。リバプールの観光で訪れても楽しいミュージアムです。ワールド・ミュージアムの概要、歴史、立地、行き方、入館料、展示、見どころ、感想、最新情報などを紹介します。
海外のミュージアム

ビートルズ・ストーリー - 伝説のビートルズの軌跡をたどることができる記念館

リバプール出身のビートルズ。ビートルズ・ストーリーではデビュー前から解散後まで、その歩み、軌跡を紹介しています。リバプールの観光の際にぜひ訪れたいおススメ観光スポットの一つです。ビートルズ・ストーリーの概要、歴史、立地、行き方、入館料、展示、見どころ、感想、最新情報などを紹介します。
海外のミュージアム

テート・リバプール - ヘンリー・テートゆかりの地にある「テート」の美術館

テート・リバプールは、テート美術館グループの一員です。テート全体では1500年代からのイギリスの美術や世界の現代美術などを70,000点近くを所蔵しています。リバプールの観光では、ぜひ訪れたいおススメ観光スポットの一つです。テート・リバプールの概要、歴史、立地、行き方、入館料、展示、見どころ、感想、最新情報などを紹介します。
海外のミュージアム

マージーサイド海事博物館 - 「海商都市リヴァプール」ならではの海の博物館

マージーサイド海事博物館は、リバプールの海の歴史と文化について紹介している海事博物館。豪華客船のタイタニックの展示が目を引きます。リバプールの観光ポイントが集中しているウォーターフロントにあり、ぜひ訪れたいおススメ観光スポットの一つです。マージーサイド海事博物館の概要、歴史、立地、行き方、入館料、展示、見どころ、感想、最新情報などを紹介します。
海外のミュージアム

国際奴隷博物館 - 奴隷貿易で栄えたリバプールを見つめる博物館

国際奴隷博物館は、リバプール発展の力となった大西洋の奴隷貿易、三角貿易にスポットをあてたミュージアムです。リバプールの観光ポイントが集中しているウォーターフロントにあり、ぜひ訪れたいおススメミュージアムの一つです。国際奴隷博物館の概要、歴史、アクセス・行き方、展示、感想などを紹介します。
海外のミュージアム

リバプール博物館 - 多彩な角度からリバプールにスポットをあてた国立の歴史系総合博物館

リバプール博物館は、リバプールの歴史と文化についてユニークな角度、さまざまな角度から紹介している歴史系総合博物館。リバプールの観光ポイントが集中しているウォーターフロントにあり、ぜひ訪れたいおススメ観光スポットの一つです。リバプール博物館の概要、歴史、立地、行き方、入館料、展示、見どころ、感想、最新情報などを紹介します。
世界遺産

海商都市リヴァプール - 大英帝国の栄華を伝えている港町の世界遺産

2004年に世界遺産(文化遺産)に登録された「海商都市リヴァプール」は、イギリスのリヴァプール中心部にあり、かつての大英帝国の繁栄を今に伝えています。その歴史、概要、見どころ、感想などを紹介します。
<広告>